人気ブログランキング |

Hiビームインジケーターを点灯させる 

ヘッドライトをHIDにしてから点灯しなくなってしまったインジケーターですが配線を加工してリレーを使い点灯するように致しました。

5枚目の画像(回路図)をクリックして別画面で出しておくと説明がわかりやすいかな。


c0125996_1459231.jpg探すのはLoビームの時に12VHiビームにすると0Vになる線です。

これは1本しかありません。

この配線がリレーの作動線となります。

疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが・・・間違っていません。
Loビーム時に0V Hiビーム時に12Vでは無いですから間違えないように。

回路図で言うとA5です。



c0125996_1422445.jpg探した線が見付かりましたら切断します。

この間にリレーのコイル側を繋ぎます。

回路図で言うと1と2です。

どちら向きに付けても問題はありません。

接続したらLo⇔Hiとヘッドライトを切替えてみてリレーが作動しているか確認します。
正常であればコツコツとリレー内部で音が出ますからすぐに判ります。



c0125996_142514100.jpgリレーのスイッチ側入力線に+BなりACCを接続します。
回路図で言う3です。

停車時もインジケーターを点灯させたいのなら+Bですが走行中だけで良ければIGでもACCでも問題ありません。私はACCから取り出しました。
リレーのスイッチ側出力線でLoビーム時には0V Hiビーム時に12Vが出力されているか確認します。写真の黄線がそれです。
メーターを外してインジケーターに繋がっている線を切断してメーター側にリレーからの黄線を繋ぎます。
回路図で言うと5です。

切断した車輌側ハーネスには忘れずにテーピングをしてくださいね。

これによって新たなインジケーターの回路が出来ます。



c0125996_14444867.jpg後は外した物を元に戻して終わりです。

きれいにインジケーターが点灯していますね。
ただし・・・ACC以上でないと点灯しません。



c0125996_14491367.jpgこれが今回の配線です。
コピーを取って書き加えてあります(パソコンで書けば綺麗なんでしょうが・・・)

クリックすると大きい画像が出ます。参考にして下さい。
by nagano-cordebunks | 2008-06-23 14:51 | 快適化(車内) | Comments(0)


<< ハイビームインジケーター点灯の記事 12Vリレーについて >>